シェアする

(第8回)ピッピの日記シリーズ*神戸北野異人館 うろこの家【写真あり】

(第8回)ピッピの日記シリーズ

「目が合うと照れるにゃよ」

神戸北野異人館「うろこの家」

お洒落な雰囲気で、

メルちゃんと良い雰囲気になれたにゃよ!

by ピッピ日記

DORYメモ

↓ホームページ

神戸北野異人館
神戸で最初に公開された異人館「うろこの家」や、山手八番館・英国館・洋館長屋などの神戸北野のおすすめ異人館を紹介しています。

↓アクセス方法

アクセス | 神戸北野異人館
関西主要駅からの公共交通機関での所要時間、乗り換え情報をご案内しています。

異人館うろこグループ オペレーションセンター

〒650-0002
兵庫県神戸市中央区北野町3-5-4

TEL.0120-888581
FAX.078-241-5537

↑うろこの家までの道中も、

お洒落な雰囲気で、写真スポットもたくさんあります♪

神戸で最初に公開された異人館

うろこの家は、神戸で最初に公開された代表的な異人館で、

国の登録有形文化財や兵庫県住宅百選にも指定されている伝統的な建築物です。

外国人のための高級借家として、明治後期に居留地に建てられ、

大正に入ってから現在の場所へ移築されたと伝えられています。

最後の住人は、E・ハリヤー氏1953年から1968年まで、

この、うろこの家で暮らしていました。

チケットを購入して、いざ中へ!!!

ここに住んでたって・・・

すごいな~(*”▽”)

約3000枚のうろこのような

天然石のスレートに包まれた外観!!迫力あります!!

展望ギャラリーには、

ヨーロッパの近・現代絵画の名作を幅広く収集して展示してあります。

神戸の街と港、大阪港や淡路島まで、一望です!!

西洋骨董品や、名磁器コレクション、

ガラス工芸品が展示されています。

イギリスの名窯『ロイヤル・ウースター』、

ドイツの古窯『マイセン』、

デンマーク王室御用達磁器工房『ロイヤル・コペンハーゲン』、

フランスの古都リモージュにある伝統の陶磁器『ロバート・アヴィランド』などで造られた

繊細で華麗な花瓶やお皿、カップ、人形などが展示されています。

ロイヤル・コペンハーゲンのイヤー・プレートやフローラ・ダニカなどは、

多くのファンによって愛され続けています!(^^)!