シェアする

グルメ巡り*ドトール【番外編】大豆ミートの製造工程

大豆ミートとは?

show more

大豆が原料の植物性人工肉。

調理:水戻し後、肉と同様に焼いたり揚げたりできる。

食感:肉に近い味や食感で、高タンパクで低カロリー。

健康志向の強い消費者から支持されている。

1970年代のはじめに完全菜食主義者向けの食品として登場し、味や食感は本物の肉に劣り、購入層も限定されていた。

2010年以降、加工技術の進化で品質が大幅に改善され、アメリカを中心に広まっている。

show less

代替肉とは?

動物を屠殺(とさつ)・食肉処理した肉でなく、大豆など植物性原料で肉の味や食感を再現して作られた植物ベースの食品。

呼び名には、フェイクミート、大豆ミート、大豆肉、ソイミート、疑似肉、植物性タンパク、アナログミート、グルテンミートと様々ある。

2020年時点では割高だが、市場拡大で低価格化が予想され、コストコは2024年までに少なくとも一つの代替肉製品は肉と同等の値段、あるいはより安く販売すると約束している。

また、動物の飼育を伴わない培養肉(人工肉)も開発されており、世界人口の増加や畜産に伴う環境負荷、動物倫理などの解決策として注目されている。